着物の種類や生地の選び方で失敗しない方法

着物の種類や生地の選び方で失敗しない方法

着物の処分方法は?

着物は一見どれも同じように見えて様々な種類があり、着用シーンに合わせて多種多様な生地が使われています。

例えば成人式で多くの女性が着用する着物は振袖が好まれ生地は絹素材が一般的で、お作法の教室で着用される着物はウールや木綿の色無地や小紋が好まれるなど、着用シーンによって大きく異なります。

着物の種類や生地について説明するうえで、どのように着物が作られているのかを知るのも大切なポイントです。

衣類としての着物が出来上がるまでには、様々な工程を経ています。まず反物という一枚物の布を、染め、織り、そして着物という衣類に仕立てます。

着物を構成する生地の素材はいくつもあり、仕立てられる形状も異なれば使われる素材も異なり、着用する目的や着用しても良い時期によっても変わります。

さらに着物には「格」というものがあり、格式高い場所に赴くときはそれ相応の素材でなければなりませんし、種類が制限されます。

ここでは「きもの」の世界に触れつつ、それぞれの着物の種類と素材や見分け方を紹介していきますので、参考になれば幸いです。

絹の見分け方

絹は肌触りが大変よく、なめらかな感触です。後ほど紹介する化繊(ポリエステル)と手触りや肌触りがよく似ています。

着物に詳しい方なら触った時の違いに気付きますが、着物に詳しくない方ですと違いが分かりにくいですね。

化繊は絹に比べてやや軽く、絹の方がしっとりした手触りです。ポリエステルは汗をかいたときに肌に張り付く感触があり、着心地が化繊よりも良いので実際に着用してみると違いがわかるのではないでしょうか。

麻と木綿の見分け方

麻と木綿はとてもよく似ています。違いとしては、木綿のほうが繊維が一律ではなくからまっており、ゴワゴワした印象が強いです。

反対に麻は繊維が長く、木綿と比べてツルツルしています。

ウールの見分け方

ウールは動物の毛を使っている性質の関係で、やや毛羽立ちを感じます。

毛羽立ちは他の素材ではまず感じることはなく、ウール独特の感触といえます。

そしてウールは肌に触れた時にチクチクした感触もあるので、もしそのような感触はこの素材と思って良いでしょう。

そして、当然ではありますが、ウールは冬物の着物に多くみられる素材です。

化繊の見分け方

絹とよく似た手触りです。なかなか着物に詳しい方でなければ瞬時に見分けるのは難しいかもしれません。

そして今は化繊の技術も劇的に進歩し、昔よりもさらに見分けのつかない化繊素材も登場してきました。手触りは似ていますが、触れたときに乾いた手触りを感じると、化繊の可能性があります。

着物以外で身近なモノだと、ふろしきは化繊が使われていることが多いです。

おすすめ着物買い取り専門店は?

評判の良い着物の買い取り人気業者


スピード買取.jp



スピード買取.jpは、特に着物・帯・羽織・男性もの着物等では業界内でもトップシェア級の規模を誇る高価古物買い取り業です。 日本全国の広範囲におけるスピーディーな出張買取がウリで、出張料や査定費用、キャンセル料も一切無料というハイクオリティなサービスに人気が集まっています。 最近ではテレビなどを中心に様々なメディアにも取り上げられており、対応に若干の遅れが生じているほどの人気ぶりで、web上の口コミ評価はかなり高いものが目立ちました。


ウルトラバイヤープラス



・タレントのIVANさんをイメージモデルに起用
・アジア各国に店舗も展開しており、他業者が買取できない商品でもしっかり査定
・国外にも多数のバイヤーと提携。国内よりも値がつきやすいため、お客様への買取査定額が高額
・持ち運びが難しい大型商品も引き揚げ/買取も対応
・常にお客様目線!異なる還元キャンペーンを定期実施


買取プレミアム



伸びに伸びている「買い取り業界」の中でも、一際大きな成長を見せる「買取プレミアム」
・スピード出張買取・女性査定士も充実、安心・安全・買い取り対象商材が広く、まとめて処分可能
「買取プレミアムでは毎月10,000件以上のお客様よりお問合せをいただいております。」ということで安心できます。