着物の着付けと帯の種類や結び方を徹底紹介!

着物の着付けと帯の種類や結び方を徹底紹介!

着物の処分方法は?

日本に生まれた女性ですと、幼少には七五三、成人式では振袖、習い事で茶道や生け花教室など、こと着物を着用する機会も多いのではないでしょうか。

「着物の着付けは難しい」そんなイメージを持つ女性は少なくないといいます。

しかし、着物の着付け教室に通ったり、着付けの方法や帯の結び方を知れば、難しくなんてありません。

着付けを行う中で悩みがちなのが帯の結び方。帯は様々な種類があり、それぞれ結び方も違います。

ここでは代表的な帯の種類に触れつつ、ベーシックな結び方から個性的で可愛らしい結び方と、シーンごとにおすすめの帯の結び方をいくつかご紹介します。

着物の着付けに関する「いろは」を知ることで、着物を綺麗に着こなす方法を知るだけでなく、大和撫子ともいえる、美しい日本女性を目指してみましょう。

着物の着付けに使う代表的な帯の種類と結び方を紹介

着物を着付けるときには必ず必要になるのが、帯。一口に帯といっても数多くの種類が存在します。

それぞれの帯に用途があり、素材などによっても使用する場面、合わせる着物の種類も異なってくるのです。

そして帯の素材や種類だけでなく、結び方によっても合わせる着物は変わってきます。

ここでは着物の着付けにおいて着用される帯の中でも代表的とされる袋帯・名古屋帯・半幅帯についてそれぞれの特徴と結び方をまとめてみました。

それぞれの帯は特徴が異なり、結び方も大きく変わります。その場にふさわしい帯を適した形で結べることは、マナーでもあり着物姿をさらに気品あるものにしてくれるでしょう。

汎用性の高い着付け帯といえば袋帯

袋帯は主に留袖、訪問着、振袖などの着付けに用いられ、最も一般的なフォーマル帯といえる でしょう。

二枚の異なる生地の両端を縫い合わせた袋状のつくりが特徴で、着付ける際は二重太鼓で結ぶのが一般的です。

礼装の着付けに用いられるのが一般的ですが、帯の柄行によっては、順礼装の訪問着・着け下げ・色無地、そしてお洒落着の小紋など、幅広く締められる帯となります。

おすすめ着物買い取り専門店は?

評判の良い着物の買い取り人気業者


スピード買取.jp



スピード買取.jpは、特に着物・帯・羽織・男性もの着物等では業界内でもトップシェア級の規模を誇る高価古物買い取り業です。 日本全国の広範囲におけるスピーディーな出張買取がウリで、出張料や査定費用、キャンセル料も一切無料というハイクオリティなサービスに人気が集まっています。 最近ではテレビなどを中心に様々なメディアにも取り上げられており、対応に若干の遅れが生じているほどの人気ぶりで、web上の口コミ評価はかなり高いものが目立ちました。


ウルトラバイヤープラス



・タレントのIVANさんをイメージモデルに起用
・アジア各国に店舗も展開しており、他業者が買取できない商品でもしっかり査定
・国外にも多数のバイヤーと提携。国内よりも値がつきやすいため、お客様への買取査定額が高額
・持ち運びが難しい大型商品も引き揚げ/買取も対応
・常にお客様目線!異なる還元キャンペーンを定期実施


買取プレミアム



伸びに伸びている「買い取り業界」の中でも、一際大きな成長を見せる「買取プレミアム」
・スピード出張買取・女性査定士も充実、安心・安全・買い取り対象商材が広く、まとめて処分可能
「買取プレミアムでは毎月10,000件以上のお客様よりお問合せをいただいております。」ということで安心できます。