落款は着物の作者や作りを示す重要な証明

落款は着物の作者や作りを示す重要な証明

着物の処分方法は?

みなさんは落款をご存知でしょうか。落款とは落成款識(らくせいかんしき)の略語です。芸術品を作成した際に日時や記名、識語を書き付ける行為のことです。領収書や公式文書、有名書画に主に落款が押されているのですが、実は着物にも押されています。今回は、知っているようで知らない「落款」についてご紹介します。

着物の落款の示す意味や記されている位置はどこ?

着物に記された落款の示す意味、それは「作家が仕立てた証である」ということです。 落款があることで作者や製作工房を特定できるので、それが有名な作品だとわかれば価値を知ることができます。 また、数ある着物のなかでは同じようなデザインの着物がいくつかあるということがよくあります。 その際に落款を見て、類似作品を見分ける際の判断材料とすることが可能なのです。 そして落款の位置について、おくみか衿先に刻印されている場合がメインとなっています。

作家名を踏襲した場合など落款に違いが出る

着物が好きな方なら久保田一竹(1917~2003)という名前は一度耳にしたことがあるでしょう。世界的に有名な染色家であり、一竹辻が花の創始者です。 彼は室町時代~江戸時代初期に存在していた、絞りを用いた花柄である辻が花を一目見て、その美しさに魅了されたことがきっかけで着物作家の道に進みました。 シベリア抑留、復員などを経て研究に没頭し、極貧生活を送りながら60歳になって最初の作品となる「一竹辻が花」が誕生したのです。 そこから世界中に辻が花の魅力が伝わり、今では一竹の作品は何十万、何百万という価格で取引されるようになりました。 初代はもう亡くなってしまいましたが、その技術や想いは二代目が承継しています。 作風は初代を踏襲しており見分けるのが困難ですが、落款は異なるので見分けることが出来ます。 以下をご覧下さい。

おすすめ着物買い取り専門店は?

評判の良い着物の買い取り人気業者

スピード買取.jp

スピード買取.jpは、特に着物・帯・羽織・男性もの着物等では業界内でもトップシェア級の規模を誇る高価古物買い取り業です。 日本全国の広範囲におけるスピーディーな出張買取がウリで、出張料や査定費用、キャンセル料も一切無料というハイクオリティなサービスに人気が集まっています。 最近ではテレビなどを中心に様々なメディアにも取り上げられており、対応に若干の遅れが生じているほどの人気ぶりで、web上の口コミ評価はかなり高いものが目立ちました。

ウルトラバイヤープラス

・タレントのIVANさんをイメージモデルに起用
・アジア各国に店舗も展開しており、他業者が買取できない商品でもしっかり査定
・国外にも多数のバイヤーと提携。国内よりも値がつきやすいため、お客様への買取査定額が高額
・持ち運びが難しい大型商品も引き揚げ/買取も対応
・常にお客様目線!異なる還元キャンペーンを定期実施

買取プレミアム

伸びに伸びている「買い取り業界」の中でも、一際大きな成長を見せる「買取プレミアム」 ・スピード出張買取・女性査定士も充実、安心・安全・買い取り対象商材が広く、まとめて処分可能 「買取プレミアムでは毎月10,000件以上のお客様よりお問合せをいただいております。」ということで安心できます。